身体がすんなり納得する椅子
Steno
ATF SYSTEM
[MD-7000 series]
特許出願中
これまでのパーラーチェアとは明らかに異なる外観をしたSteno(ステノ)。
ステノの本当の実力は、座り心地です。
豊かな発想と最新鋭の技術を存分に注ぎ込んだ、
個性あふれるデザインには、これまでにないメカニズム、
見たこのない素材、そして心地よく覆された既成概念。
パーラーチェアとは本来こうあるべきだと納得できる新しいカタチ。
また一つ、常識を見直す時が来ました。
QUALITY

ISO9001

●納入例
※ 拡大写真を見られる場合には、納入写真クリックして下さい。

業界初となる新機能や新素材で常識を塗り替える。
業界初となるATFシステム採用の自動折りたたみ
機能や新開発の弾性入りネット素材、そして MDシ
リーズ初となる自動収納型アームレスト(オプショ
ン)、さらには座ったままの姿勢あるいはプレイ中
でも座面上下操作がしやすいようにワイヤー式上
下レバーを座面下左側に設置(ガス上下:オプショ
ン)するなどプレイヤーを快適にする新機能を豊富
に盛り込んでいると同時に廃棄する際のリサイクル
性を向上させるため、素材ごとに解体・分別ができ
るような構造となっています。
※2013年1月現在




操作は、立ち上がった座面を軽く押しながら腰かけるだけ。
人が腰掛けていない時は、折りたたまれて座面が起き
上がった状態です。腰掛ける時は、座面または背
もたれを後方に軽く押すと背フレームと座面が連動し
て傾斜します。傾斜した座面に腰掛けるだけの簡単
な操作です。


座面を軽く押しながら腰掛けるだけ
他にも直接座面に体重を当てれば傾斜がはじま
りますので、両手がふさがっていても腰掛けることができ
ます。


席から立てば自動で折りたたまれ、広々とした足元
で席への出入りを快適にしながら、同時に通路も広く
確保します。




背もたれを後方に押すだけ






北海道大学との共同開発。
研究者 北海道大学大学院 保険科学研究院 生活機能学分野教授

八田 達夫

1976年北海道大学教育学部卒業。博士(医学)。作業療法士の資格を得て、1986年北海道大学医療技術短期大学
部勤務。西村重男氏とともに脳性まひ者の車いす開発研究に従事。広島大学教授(医学部保健学科)を経て、2008
年北海道大学大学院保健科学研究院生活機能学分野教授。
最近は文科省科学研究費補助金に基づき、生理人類学の視点から西村重男氏とともにアクティブ・バランス・シー
ティングの研究を行い、カナダ、オランダの関連学会で発表している。



研究者 北海道立心身障害総合相談所 企画総務課 リハビリテーション・エンジニア

西村 重男

北海道大学受託研究研究員、札幌医科大学非常勤講師を兼務、青年期の重度脳性まひ、筋ジストロフィーなどの
シーティングにかかわり、2002年横浜車いすシーティング国際セミナーにてABS理論(アクティブ・バランス・シーティン
グ)を提唱。ABS理論から様々な車いす開発に参加している。1993年脳性まひ者の方を対象とした手・足駆動車い
す、1999年シーティング・バギー開発で日本リハ工学協会主催福祉機器コンテストにて優秀賞を受賞。



圧力分布測定
画像は圧力分布測定装置にて得られた画像データです。
効率よく体圧分布しているのが分かります。
Stenoに着座して、背もたれをリクライニングした際の画像。
※被験者:身長169cm、体重58kg



Dimension(単位:mm)


トーカイ copyright(c) tokaikoso INC. all right reserved.